Most Popular Photograph

p_38385.jpg

強くなる外貨に投資をすることで為替差益が得られる

外貨投資により発生する利益のルートは二つあります。一つは利息収入、もう一つは為替差益です。利息収入は日本円ベースでの投資でも同じですが、為替差益は、投資した外国通貨が強くなることによって発生する為替レートの変動が原因で生じる利益です。外貨投資をする人の大きな狙いがこの為替差益にあるといってもいいでしょう。強くなる国、人気がでる通貨に投資をすることで、日本円より強い通貨を持っていたメリットが得られるのです。


通貨が強くなる理由はその国の国力上がること

どの通貨を選択するかは、どの通貨が強くなるかにかかっていますが、どういう状態の時に通貨は強くなるのでしょう?基本的には、その通貨を発行している国(ユーロの場合はEUなど、地域通貨の場合は地域)の国力が上がることによって通貨も強くなります。例えば、資源が発見されてGDPアップが期待できる。不景気を脱して好景気に入りそうだ、今後人口が増えることによって経済的規模が大きくなるように成長するだろうといったことが理由になるはずです。


政策や政情などでも為替レートは変動する

通貨が強くなる理由のベースは経済的にその国が強くなることですが、単純にそれだけで為替レートが決まるわけではありません。それ以外にも政策や政情などによっても為替レートは変動します。例えば、政策で大がかりな外国企業誘致を行うことによって、多くの外国企業が投資をしてその国の通貨が強くなることもありますし、クーデター等によって政情不安に陥ると一気にその国の通貨の人気が落ちて通貨が弱くなるということもあります。広い視野で分析をすることが求められるでしょう。



為替とは、端的にいうと現物の金銭を移動させない決済を行う呼称です。主に小切手や手形、身近なところでは振込もこれに該当します。

外貨投資にあたってどの通貨に投資するかの選び方を知っておく

0 Loves

p_204769.jpg

スーパーでカード払いすること

スーパーで商品を購入したときには、代金は商品と交換で支払います。いわゆるこれが現金取引というものなんですよね。しかし、最近では現金ではなくてカードで支払う人もいて、スーパーでもカード支払の対応をしているところは多いです。ところがカード払いというと、商品を購入した際に現金がすぐに落ちるものもなくて、後日一定の日まとめて引き落としされるものも多いです。その場合は、実際に引き落としされるまでの期間は、その消費者が必ず引き落とし日に資金を準備してくれるという信用で取引をしていると言えますね。


企業間の取引では信用取引が主流

この信用取引という方法は企業間での取引では当たり前のことですよね。そのために企業では新しい取引先と契約や売買をおこなう際には、信用調査といって、相手企業について調査をおこない資金的なこと、財務的なこと、また経営者の考え方や事業内容等について把握して、支払いが期日までにおこなわれる先かどうか、また商品に対し責任を持っているか、技術があるか等をトータル的に考慮します。その結果で取引をおこなうかどうか判断することになります。商品を売ってもお金が入ってこないというのが一番困りますよね。


株式の取引でも信用取引

このような信用取引は株式の世界でもおこなわれています。決められた金額の証拠金を預けることによって、それ以上の取引がおこなわれるようになります。また実際に株式を持っていないのに、株式を借りて売ったりするような取引もそのような取引の分類に含まれます。この場合にはそれぞれ個人等の取引者に対していちいち調査する費用も時間ももったいないことから、一定の金額を預けることになります。もちろん、株式を取引するとき証券会社で口座開設する上で申し込みの際に仕事内容や簡単な収入面等を考慮した上で開設するようになっています。



株式の信用取引を活用すると、株主優待をほぼノーリスクで受けられるという方法があります。預入資金で株を購入し、信用口座で売りポジションを持てば価格変動による損益が発生せずに優待権利が取得できます。

身近にもある!?現金取引じゃない支払方法

0 Loves